料理

まだ白米で消耗してるの?

宮沢賢治に習えばいいじゃない!

ということで、玄米食のおすすめです。なんですかその挑発的な物言いは。

世にある無数のダイエットと栄養の話は、突き詰めると「でもめんどくせーじゃん」に尽きるんですよね。ダイエットのためにカロリー計算するのもめんどくさい。栄養バランスの良いメニューを考えるのもめんどくさい。息をするのも面倒でいやだ。じゃあ食べなければいいじゃない!

なんてわけにはいかないので。どうなんでしょうね、不食とか。あと完全栄養食ソイレントとか。個人的には「噛まないとボケそう」って思うんですけど。なので、噛めて美味しい玄米、さらに麦と白米のハイブリッドをおすすめするわけです。その理由を述べます。

1.宮沢賢治さんちょう元気。一方、江戸民は脚気。

宮沢賢治さんの著書【雨ニモマケズ】で「一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ」と述べています。なんという粗食。しかも雨にも風にも負けない丈夫な身体を持っているじゃないですか。で、調べたら、賢治さん満37歳没ですって。早いよ賢治。全然丈夫じゃないじゃん賢治。話が根底からひっくり返ったよ。

まぁ極端な菜食主義とか流行り病なんかもあると思うので、とりあえず賢治さんの享年には目を向けないこととします。江戸のひとが白米食で脚気(かっけ)になったのはマジだし。(参考:日本のごはん文化と江戸煩い(わずらい)

「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」って賢治さんの願望だったんですね。ぼくもなりたいので玄米食べることにするよ!(参考:青空文庫「雨ニモマケズ」宮沢賢治

2.玄米2合と白米1合と麦1合をトッピング

これ。さらに16穀米を足します。なんで白米を入れるのかというと、玄米ばっかりだと消化が遅そうだから。あと余裕があれば、発芽玄米ぽくするのがオススメ。玄米を1日くらい水に浸けとくと発芽玄米ぽくなります。「ぽく」ってなんだ。正式なやり方はこの辺を参考に。炊くときに塩を小さじ1入れると美味しいです。

玄米の効果

  • 体内の解毒作用(胚芽に含まれるフチン酸)
  • 便秘解消(食物繊維)
  • 美肌効果(ビタミンB1、E、カリウム、タンパク質)

雑穀米の効果

  • キビ:ビタミンB1、B6、亜鉛、ナイアシンが豊富で、黄色い色素はポリフェノールで抗酸化性に優れている
  • アワ:体中の細胞や組織を維持するパントテン酸の含有量が雑穀の中では特に多い
  • ヒエ:含有たんぱく質には、血中の善玉コレステロール値を高める作用があるといわれている
  • モロコシ:生活習慣病の予防に効果的といわれているポリフェノールの他、カリウム、リン、ビタミンB1、B6など
  • ハトムギ:中国では古くから漢方薬として重んじられ、美肌効果や新陳代謝の促進、利尿作用があるといわれている
  • 黒米:抗酸化作用や美肌効果があるといわれるポリフェノールの一種アントシアニンを含んでいる
  • 赤米:抗酸化作用のあるポリフェノールの一種タンニンを含んでいる
  • 緑米:消臭・殺菌効果や美顔効果、デトックス効果があるといわれている

麦の効果

  • 水溶性食物繊維が豊富
  • 食後の血糖値の上昇を抑え、正常な腸機能を維持し、排便を促進し、心疾患のリスクを下げ、コレステロール値を抑えるβグルカン
  • 大腸のビフィズス菌などの善玉菌まで届いてエサになる難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)

3.1日1食はこれにする

1週間で21食のうち、1日1食をこれにします。すると1週間で7食、3分の1が「何も考えなくていい食」になるわけです。これはすごい!(自画自賛) あとはまあ味噌汁やサラダやおかずでもつけとけばいいんじゃないですかね(なげやり)

4.でもお高いんでしょう?

16穀米 1kg ¥1,459(1回に大さじ4で60g使用¥90)
押麦(つるむぎ) 5kg ¥1,682(1回に1カップ150g使用¥50)
玄米 5kg ¥1,900(1回に2カップ300g使用¥120)
白米 5kg ¥1,980(1回に1カップ150g使用¥60)

これで1回分4カップ(4合)炊いて1週間持つので、7食分¥320です。え、安くない!?計算間違ってない?
4合炊いて食べたら、残りの6食分は小分けで冷凍保存がいいです。

今回のゆめぴりかはトドック産

ぼくもこの食にしてから、風邪も引かず健康になり美肌になり金運もアップして彼女もできた!なんてことはありませんが、それなりにいい感じです。ここ30年くらい便秘になったことないし。グラノーラ+玄米フレーク+牛乳なんてのもいいけどね。手軽にお腹いっぱいになりつつカップラーメンと違って罪悪感がないのがいいですよね。

ちなみに嫁さんはアンチ色付き米で生粋の白米スキーなので、ぼくのスーパーライスをあまり食べてくれません。まあ好みの問題はどうしようもないね。しょうがないから、息子を小さいときから雑穀米スキーになるよう育ててます。おかげさまで白米も雑穀米もパクパク食べる良い子に育っています。あとフィチン酸の話はするな。

 

関連リンク1:完全栄養食パスタ「BASE PASTA」は世界を変えるかもしれない
そうそう、このノリなんですよ。「健康意識の低い人でも摂取する栄養を簡単に底上げすることができる」ほんとそれ。

関連記事

  1. 料理

    1ヶ月数百円で数千円の栄養剤より効果的なレシピを公開するです

    皇○とか1ヶ月で3,000円くらいしません?それ以上?でもね、その辺の…

  2. カフェ

    週に1度たった690円で健康になる食事法

    結論から言うと、週に1度「ヴィクトリアステーション(関東ではビッグボー…

  3. 料理

    毎朝の献立、大変じゃない?

    そんな時こそ作り置きのかぼちゃスープですよ奥さん!真面目な話、…

  4. cat food

    料理

    なぜ缶詰弁当はみすぼらしく見えるのだろうか?

    疑問に思ったので、グーグル先生に「なぜ缶詰弁当はみすぼらしく見えるのか…

最近の記事

  1. cat food

カテゴリー

おすすめ記事

  1. cat food

    料理

    なぜ缶詰弁当はみすぼらしく見えるのだろうか?
  2. 料理

    1ヶ月数百円で数千円の栄養剤より効果的なレシピを公開するです
  3. 料理

    まだ白米で消耗してるの?
  4. カフェ

    週に1度たった690円で健康になる食事法
  5. 映画

    『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』がイマイチ理解できなくて口惜しい思…
PAGE TOP
Translate »